おまえはひよこ

2015.05.04

2015318-006.jpg

薫風の候、皆さまお元気でお過ごしのことと存じます。さて、私の近況をご報告いたしま

す。

まず、3月の中頃から4月の前半まで、徳島で新入社員研修を担当しました。9時半から

17時の2日間のコースが3回、1日コースが2回、約400名の新入社員の方々と出会いま

した。

今回は、仕事観を考えてもらい、優先順位、重要・緊急マップ、マネジメントサイクルの

大切さを学んでいただきました。「お客様に幸せになってもらうために働きます」等々。素

晴らしいメッセージを心に刻んでもらいました。

 

研修のまとめのメッセージをご紹介しましょう。

 

愚かな人にならないように・・・愚かな人とは自分の足元を自分で壊す人です。自分の会

社の悪口、自分の家族の悪口、自分の出身校の悪口・・・全て自分の足元を自分で壊す行為

です。

間抜けな人にならないように・・・間抜けな人とは、「間」が取れない人です。努力と言

う「間」があるから花を咲かせることができます。「間」を上手に取ることで人間関係を円

滑にすることもできます。

 

エゴの人にならないように・・・エゴの人とは、自己中の人です。自分のことだけしか考

えることができない人は、人から大切にされません。自分から思いやりで相手を大切にする

から相手からも大切にしてもらえます。ブーメラン効果です。マナーは「間」の文化であり、

「間」を心得ている人は、相手を大切にする生き方をしている人です。

 

恥ずかしい人にならないように・・・恥ずかしい人とは、自分の中に憧れ、目標のない人

です。「こんな人になりたい!」と言う理想があれば、理想の存在が恥ずかしいことをしそ

うになった時に自分の中のストッパー役になってくれます。恥ずかしい人にならないため

にも、夢やロマンを胸に生きていきましょう。

 

卑怯な人にならないように・・・卑怯な人とは、陰でこそこそ悪口を言う人です。堂々と

言えないのなら、きっぱり忘れることです。

 

幼稚な人にならないように・・・幼稚な人とは、先が読めない人です。計画を立てて、実

行し、ふり返るというマネジメントができない人です。行き当たりばったりで計画性のない

人が幼稚な人です

 

滑稽な人にはならないように・・・滑稽な人とは、言うだけの人です。言うだけでやらな

い人です。言っている事としている事が違う人です。実践が伴わない信用できない人です。

 

以上のメッセージの頭文字を連ねると「お・ま・え・は・ひ・よ・こ」になります。素晴

らしい鶏になってもらいたいという願いを込めて、研修を担当しました。

 

現在は、月曜日と火曜日は、嵐山の専門学校で、水曜日は、短大で、木曜日と金曜日は神

戸の専門学校で授業を担当しています。土曜日と日曜日は、産業能率大学の添削の指導をし

ています。その間、スケジュールを調整してもらい、5月の中ごろ、日本経営協会様の「秘

書講座」を担当します。現役の秘書の方々と上司をどのようにサポートすればいいかを学び

合います。

 

授業では、生徒さん全員に一言声をかけることを励行しています。「解らないことはあり

ませんか?」その瞬間生徒さんの顔が輝きます。関心を持つとひと声かけることができます。

関心とは「愛」です。1人ひとりに心を開いて近づいています。見えない愛が伝わります。

教室の空気が新鮮になり、モチベーションが上がり、効率アップを実感しています。

 

準備が70%、しっかり準備をして授業に臨んでいます。30%は、生徒さんとのコラボレ

ーション(協働)をどれだけ楽しむかです。

 

「先生、どうしてずっと笑顔?」と質問してくれる生後さんがいます。「真剣に私の話に

耳を傾けてくれる皆さんに感謝の気持ちでいっぱいなのです。有難いなと感謝するとこん

な笑顔になります」と。真剣に生きると、相手も真剣に取り組んでくれます。

 

仕事を終えて充実感で心が満たされ、幸せを感謝する今日この頃です。また、ご報告いた

します。